社労士梅津亮汰とスタッフがお届け!働くみんなのお守りブログ

働き方の心地良さを知って社長も社員も笑顔な毎日!

割増になる給料

# 働くみんなのギモン

2024年05月23日

2024年05月23日

きになるみさん

残業をしたときは給料が割増になると思うのですが、他にも割増になることはありますか?

スタッフ

残業以外にも深夜と休日に働いた場合は給料が割増になります

きになるみさん

残業と深夜が組み合わさったらどうなるのですか?

うめづ

いい質問ですね、組み合わさったら割増も組み合わさります

詳しく解説!

残業25%、深夜25%、休日35%と給料を割増しなければいけない時間と率は法律で決まっています。

これらの時間帯が組み合わさったときは割増の%も組み合わせて考えます。

組み合わせるときに1つ、残業と休日は組み合わさらないというルールがあります。

・残業+深夜=50%
・深夜+休日=60%
ですが、残業+休日=60とはなりません。休日は休日の35%のみが残ります。

なお、残業は1カ月60時間を越えると割増が50%になるため、60時間超えの残業+深夜=75%になります。

割増は法律で絶対のルールのため、低い%やそもそも割増がされていないときは確認しましょう!

CATEGORY

PROFILE 働くみんなの守り人 社会保険労務士 梅津 亮汰

社労士は働くことに関連する悩みの解決者なんです!オンライン労務で全国各地の社長と社員をサポート中

 札幌生まれ札幌育ちの生粋の道産子です。大学3年時に行政書士、大学4年時に社労士、社会人1年目に税理士国税徴収法試験(税理士にはなる気はありません)に合格し、社労士業務は大学3年生の時から関わっています。
 学生の頃は野球をやっていたのですが、今や家でのヨガしかしなくなってしまったアウトドア派なのかインドア派なのかわからないタイプです笑
 24歳のときに人生で一度は海外に住んでみたいという一心でカナダトロントにワーキングホリデーにいった経験があります。コロナの影響をもろに受け、1年の滞在予定が8か月で帰国しました。社労士とカナダは何にも関係はありません。単純に海外ライフを楽しんでいました。
 趣味は読書・映画鑑賞というTHE趣味です。毎日小説を読み、ネットフリックスでドラマや映画を見ています。シンプルな物語も好きなのですが、恋愛リアリティーショーが大好きで、高校生の恋愛や大人のドロドロを見ていつも興奮しています笑
 いつまでもかっこいい色気のある大人になることが人生の目標です。